褒賞事業

高峰記念第一三共賞

概要

高峰記念第一三共賞は、生命科学特に疾病の予防と治療に関する諸分野の基礎的研究並びに臨床への応用的研究の進歩発展に顕著な功績をあげ、現在、活発な研究活動を行っており、今後の一層の活躍が期待できる研究者に対する褒賞事業です。

褒賞対象者

  1. 生命科学特に疾病の予防と治療に関する諸分野の基礎的研究並びに臨床への応用的研究において、その進歩・発展に顕著な功績をあげ、現在活発な研究活動を行っており、今後の一層の活躍が期待される日本国内在住の研究者。
  2. 贈呈者数:1名
本年度受賞者
第13回受賞者
一條秀憲博士(東京大学大学院薬学系研究科 細胞情報学教室 教授)
受賞研究テーマ 「ストレスシグナル分子機構の解明と創薬医療科学基盤の創成」